金融機関のお金の流れ

2014-05-01

このように日本の金融・資本市場の競争力等を高める為に行われる規制緩和のほか、金融に関する制度の更なる質的向上が目標とされた試み等を積極的に実行する等、市場環境に加えて規制環境に関する整備がどんどん進められていることを知っておきたい。

覚えておこう、スウィーブサービスはどんな仕組み?預金口座と(同一金融機関・グループの)証券取引のための口座の間で、株式等の資金や利益などが自動的に双方に振替えてくれる便利なサービスである。同一金融グループによる顧客の囲い込み作戦ということ。

そのとおり、第二種金融商品取引業者(第一種業者ももちろんだが)がファンド(投資信託などの形態で、投資家から 委託を受けた資金の運用を投資顧問会社等の機関投資家が代行する金融商品)を作り、適切に運営するためには、とんでもなくたくさんの「やるべきこと」、業者として「やってはいけないこと」が事細かに定められているのだ。

知っておきたいタンス預金。物価が上昇している(いわゆるインフレと呼ばれる)局面では、インフレの分お金の価値が下がることになる。当面の生活に必要とは言えない資金は、ぜひとも安全性に信頼がおけ、少しでも金利が付く商品に資金を移した方がよい。

保険のしくみ⇒突然起きる事故で発生した財産上の損失に備えるために、同じような複数の者がわずかずつ保険料を掛け金として納め、集まった資金によって予測不可能な事故が発生した者に定められた保険金を給付する仕組みなのです。



まさに世紀末の平成12年7月、旧大蔵省から検査・監督に加えて金融制度の企画立案事務も移管し約2年前に発足した金融監督庁を新組織、金融庁として再組織した。翌平成13年1月、金融再生委員会は省庁再編により廃止し、金融庁は内閣府直属の外局となった。

日本証券業協会(Japan Securities Dealers Association)の目的⇒協会員である国内にあるすべての証券会社および登録金融機関の行う株券などの有価証券に関する取引等を公正で円滑にし、金融商品取引業界全体の調和のとれたさらなる発展を図り、投資者を守ることを目的としている。

そのとおり「金融仲介機能」並びに「信用創造機能」と「決済機能」の3機能を銀行の3大機能と言う。この機能は「預金」「融資」「為替」という銀行の本業、最も肝心な銀行の持つ信用によってこそ機能していることを知っておいていただきたい。

西暦2008年9月に大事件。アメリカの有数の投資銀行であるリーマン・ブラザーズが突如破綻したというニュースが世界中を驚かせた。この破綻がその後の歴史的な世界的金融危機の引き金になったことから「リーマン・ショック」と呼ばれることになったというのが事実である。

これからは安定的であるだけではなく活動的なこれまでにない金融市場や取引のシステムの実現のためには、民間の金融機関とともに行政が双方の解決するべき問題に積極的に取り組まなければいけない責任がある。



【解説】バブル経済(わが国では平成3年まで)について。時価資産(例:不動産や株式など)が取引される金額が過剰投機によって実経済の成長を超過したにもかかわらずそのまま高騰し続け、当然の結果として投機による下支えができなくなるまでの状態を指す言葉。

格付機関による格付けのよいところは、読む気もしなくなるような量の財務資料を読みこなすことが不可能であってもその金融機関の財務の状況や経営状態が判断できるという点にあり、ランキング表を使えば健全性を比較することも可能である。

これからも日本国のほとんどの金融グループは、既にグローバルな規制等が強化されることも考慮し、財務体質等の一層の強化、それに加えて合併・統合等を含む組織の再編成などに精力的に取り組んできています。

タンス預金やってるの?物価が上昇中の(インフレ中の)局面では、上昇した分お金の価値が下がることを知っておこう。暮らしに必要のない資金は、ぜひとも安全なうえ金利が付く商品に資金を移した方がよいだろう。

覚えておこう、デリバティブの意味は従来からの金融取引に加えて実物商品さらに債権取引の相場変動によって生まれたリスクを避けるために実現された金融商品の名前であり、金融派生商品と呼ばれることもある。

お金借りる

お金を借りるなら@初心者にも簡単借入れ・審査
お金借りる